トップ  >  JGAP導入支援
サービス案内
JGAP導入支援
昨今、農業を取り巻く問題の中で、生産者の高齢化や後継者不足に加え、表示偽装の問題や残留農薬・食中毒の問題などが挙げられ幅広く対応が求められております。
そんな中、環境に配慮し、農業従事者の安全も確保しながらより安全な農産物を生産・販売する農場経営をしているかどうかが重要になってきます。いかにその安全性を消費者に示す事がカギとなり、その基準の一つがJGAPと言えます。
JGAPとは、農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の一つで、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証です。
Japan Good Agriculturul Practiceの頭文字をとって、JGAPと呼ばれ、直訳すれば「日本の良い農業のやり方」です。そこで、JGAPを導入することにより、次に示した課題が解決されます。
jGAP 1.安全な農産物の生産と出荷

2.環境に配慮した持続的な農業

3.農業生産者の労働安全と福祉の確保

4.信頼できる農場管理体制・販売管理体制の実現

これら4つの課題を解決するための手法として、JGAPは設計されています。
つまり「魅力的で強い農業経営体づくり」の道具であり、農業経営を総合的に改善することができる手法とも言われています。
そこで適切な農場管理を実践するだけでなく、農場の従業員教育や後継者育成の指針ともなります。また、JGAPの認証を得た農場は、信頼性の高い生産管理体制を持つ農場として扱われ、消費者・流通業者に安心して選定してもらえる基準としても高く評価されています。

弊社では、JGAP導入を検討されている方をサポートしております。
お気軽にご相談ください。


JGAP指導員
登録番号5100
JGAP指導員 朝久野 徹
日本GAP協会サイトへ